じっくり組み立てしたHFコンバーターが完成しました。PIC_0097

 我ながらキレイに出来たと思っています。
DBMの半田付けではなかなか位置が定まらず、DBMの足の1本に予備半田をして仮固定しました。

PIC_0100
PIC_0101

基板のスペーサーは当初太いものを使っていましたが、SMAのコネクタを半田付けする際にはジャマになり外しました。

説明書にあるようにSMAコネクタのGND側は基板から浮いた位置に来ますが、ノギスで各寸法を測り計算するとすき間は0.45mmでした。
付箋の紙が約0.1mm でしたので5回畳んで基盤とコネクタの半田面に挟み込みました。
少しキツイ感じです。
しかしSMAコネクタの個体差が+-0.1mm程度あるようで一方は6回紙を折る必要がありました。

完成後は早速チューナーのR820Tと接続してみました。
ソフトはSDRConsole V2、アンテナは20メートルのロングワイヤーです。
いつでも聞こえる放送やHAMバンド等がしっかり聞こえてきました。
まだ夜間しか受信していませんが、5~6MHzの航空管制がこんなにガンガン聞こえる事を知りませんでした。休日に昼間HFハイバンドがどのように聞こえるか楽しみです。

動作に問題ない事が確認出来たのでちゃんとしたケースに納めて長く使って行こうと思います。

今回、このようなコンバーターのキットを安価に分けて頂いたTT@北海道さまに感謝いたします。